愚弟ブログ

アウトプットすることで自分の知識を深めていく

Unity 1週間ゲームジャム(7月)に参加した話

ブログ書くまでがUnity1Weekだからね、しょうがないね。 

今回のお題は「夏」。

Unity 1週間ゲームジャム | ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

 

 投稿した作品

f:id:kitti_gutti:20170801223746p:plain

イーサン兄さんの一人ぼっちの夏休み

 

スイカのような侵略者を孤独な戦士イーサンが迎え撃つゲーム(あとづけ

某ピンクの悪魔デラックスのメガトンミニゲームのような操作性なので、懐かしんでプレイしていただけると自負している。(クオリティが高いとは言っていない

 

テーマが動詞じゃなくて困惑したが、開発者の選択肢が広がって良かったと思う。

今回は企画を練るのを早々に放棄し、最初に浮かんだ スイカ割り一本で行こうと決めた。

目隠し要素をうまく表現できる自信がなかったので、ぼっち設定にして回避。

食べ物を粗末にするのは信念に反するので、スイカのような侵略者という設定で回避。

こいついっつも回避してんな。

 

 完走した感想

こんかいも たのしかったです(小並感

 

毎回、何か新しい技術を取り入れたものを作ることを目標に参加しているが、今回は最近勉強中の3Dモデリングを取り入れることに決めていた。

使っているソフトはBlender

無料だし、日本語化できるし、書籍やネット情報も多い。

Unityもそうだが、昨今は非常に良いものがたくさん提供されており、ゲーム開発への新規参入難易度が下がっていて非常にいいことだと思う。

ただ人が増えるということは並の技術では埋もれてしまうということを意味しており、私のような人生遠回り組は喰らいつくのに必死だろう。もっと頑張る。

話が逸れたが、今回はBlenderで作成したモデルや、モーションをUnityに取り入れることを目標とした。

 

折角なので作ったものを列挙してみる。クオリティなんて気にしたらいけない。みてもらうことが重要だ。

 

スイカのようなもの

黒い部分をどうにかグニャグニャにしたかったが今の知識じゃ分からなかったので断念。

f:id:kitti_gutti:20170801230441j:plain

 

スイカのようなもの破片

砕けた時のパーティクルで使用。上のモデルを分割して、面張って、を繰り返して作った。

ほんとは皮の部分もつけたかったが、テクスチャのエクスポートや、Unity内での複数マテリアル設定がわからなかったので断念。

f:id:kitti_gutti:20170801230450j:plain

 

なにもいうことはない

f:id:kitti_gutti:20170801230457j:plain

 

釘バット

バット、釘2種類はすぐできた。

釘を範囲指定でランダムに配置したかったが、わからなかったので断念。

結局手作業で配置。

f:id:kitti_gutti:20170801230506j:plain

 

北欧神話の神様が持ってそうなハンマー

作ってて一番楽しかった。

これもほんとはテクスチャつきでエクスポートしたかった。

あとは持ち手部分の巻き付きももっとうまい方法があったんだろうなあ。

f:id:kitti_gutti:20170801230514j:plain

 

モーションとかポーズとか

人生初のモーション作り。

こちらの記事を大いに参考にさせていただきました。

gametukurikata.com

gametukurikata.com

最初は叩くモーションだけだったが、色々寂しかったのでゲーム中のUIを指し示すメタいポーズを追加作成。

間抜けな感じが出せたので、追加して正解だったと思う。

最初のUnityインポート時は右腕が捻れたり複雑骨折しててまともにハンマー振れてなかった。

Blender側の問題だと思って色々試していたが、結局Unityのインポートセッティングのほうで解決。わからなかったなあ。

 

 こんな感じで今回はBlender9割、Unity1割といった感じの1週間になった。

Unityでのシステムは最終日の昼からやっと触ったが、なんとか形にできてよかった。

これもUnityに慣れてきている証拠になるだろうか。いい感じだ。このまま精進しよう。